処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~


  • おとボク『2人のエルダー』2010年6月30日エルダー選挙の日に発売です! 『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!
無料ブログはココログ

« おボク様が見てる?12 | トップページ | おボク様が見てる?12 »

2010年9月28日 (火)

ある日の1コマ・その30

ある日の1コマ・その30

哘雅楽乃嬢聖誕祭記念!?

※2人のエルダーのネタバレ的な内容を含んでおりますので、読まれる際はご注意下さい。

『うたまんが大王』の巻

「…はぁ…創造祭が終わってから、お姉さま…あんまり修身室に来てくれてないなぁ…」

でも、劇のときに、お母様が倒れられたから、それどころではないのかもしれないけど…。

「う~ん…創造祭の準備とかで、ここの所、お姉さまと勝負できてなかったから、是非ともお願いしたい所だったんだけど…」

「いけませんわ…」

「うん?うたちゃん?」

「雪ちゃん…私…お姉さま分が不足してきました…」

「おっ…お姉さま分?」

「そう。お姉さま分です」

「えっと…うたちゃん…?それは…糖分とか…塩分とかみたいなもの?」

「えぇ。その通りです。こうやって部活動などをしていますと、減ってくるのです」

「は…はぁ…」

「お姉さま分が足りなくなると、疲労や集中力・思考力の低下などの症状が現れるのです…」

「えっと…お姉さま分は…お姉さまに含まれているの?」

「うふふっ、当たり前ですわ、雪ちゃん」

「あぁ…!うたちゃんが…!うたちゃんが…お姉さま~!」

がらっ!ダッダッダッダ……

「…あぁ…お姉さまに会いたいです…」

ちゃんちゃん♪

『一部地域を除いて…の一部ってどこなんだろう?』の巻

「雪ちゃん!協力してください!」

「うっ…うたちゃん!?どうしたの急に?」

「お姉さまに、いつも修身室に来ていただく為にはどうしたらいいか、一緒に考えてくれませんか!」

「えっ!?えっと…それは…私もお姉さまが来てくれると勉強になって良いし…うん、協力するよ、うたちゃん」

「ありがとうございます、雪ちゃん!」

「でも…お姉さまにいつも来てもらう為には…どうしたらいいんだろう?」

「そうです…それをずっと考えているのですが、思い浮かばないのです…」

「う~んと…お店とかだったら、『来ていただいた方に、こんな特典があります』みたいな感じで、お客さんに来てもらうっていうのもあるけど、部活動じゃ…」

「雪ちゃん!それです!」

「え!?それって…?」

「そうですわ…なぜそれに気がつかなかったのでしょう!お姉さまに来ていただいたときに、お出ししているお菓子を、もっと良いものにして、『こんな良いものが食べられるなら、毎日でも…』と、お姉さまに思ってもらうんです!そう…聞くところによると、お姉さまはお菓子作りなどをされ、プロ級の腕前と聞きます。そのお菓子作りの参考になるようなものを、いつも用意すれば…!」

「えっと…ごめん…うたちゃん…。盛り上がってるところ申し訳ないんだけれど…」

「はい?どうかされました、雪ちゃん?」

「えっとね…お菓子で来てもらうって案は、無くはないんだけど…」

「はい」

「そのお菓子とかのせいで…私たち…華道部じゃなくて茶道部って…一部で思われてるんだよね…orz

「そっ…そうですね…そうでした…orz

「創造祭も…花を活かす演出をしたとはいえ…茶席喫茶だったし…orz

「…………」

「…………」

ちゃんちゃん♪

「そうです…いっそのこと、あの子…優雨さんを人質にすれば、お姉さまも…!」

「やめて~!うたちゃん~!」

おしまい

あとがき

というわけで、うたちゃん聖誕祭SSです。いかがでしたでしょうか?おとボク初心者Aです。

今回のSSは、なかなかネタが思い浮かびませんでした…。華道部の二人は、根が真面目な感じなので、バカ話に繋がりにくいです…バカ話にしようとすると、全部、某掲示板での、うたちゃんネタになっちゃいそうで…^^;

あいかわらずめちゃくちゃな文ですが、楽しんでもらえたらうれしいです。以上、おとボク初心者Aでした。

« おボク様が見てる?12 | トップページ | おボク様が見てる?12 »

ある日の1コマシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1355316/36960988

この記事へのトラックバック一覧です: ある日の1コマ・その30:

« おボク様が見てる?12 | トップページ | おボク様が見てる?12 »