処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~


  • おとボク『2人のエルダー』2010年6月30日エルダー選挙の日に発売です! 『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!
無料ブログはココログ

« MFCの野望・瑞穂風雲録 | トップページ | MFCの野望・瑞穂天翔記 »

2010年4月 7日 (水)

MFCの野望・瑞穂覇王伝

『SS投稿掲示板@おとボクまとめ』に投稿している作品
「MFCの野望」「MFCの野望・瑞穂群雄伝」「MFCの野望・瑞穂風雲録」の続編

****

「う~ん…いまいち…」
ぺら
「う~ん…これもありきたり…」
ぺら
「う~ん…これも似たようなデザインね…」

ここは鏑木テクスタイルプランニング内の一室。
なにかが描かれた紙を睨みつけながら、いろいろと批評しているのは、この会社のチーフデザイナー御門まりや。

「ふう…事業拡大といって新しく何人かのデザイナー志望の新入社員を雇ったといっても、こういう感じじゃあ…即戦力とはいかなそうね…」
いま、まりやが見ていたのは、内定が決まった今年度のデザイナー採用の新入社員に対して、入社までに仕上げるようにと、まりやが彼らに与えた課題、デザイン案のラフ画であった。

「皆、デザイン学校や美大でしっかり勉強してきた優秀な人材ですよって貴子が言ってたけど…当たり障りのない…なんていうか…小さくまとまっているって感じで、それぞれの個性ってのが見えないなぁ…やっぱしセンスとかインスピレーションってのは、教えても身につくものではないってことなのかなぁ…」
見ていたラフ画を机の上に放り投げて、大きく伸びをするまりや。

「う~ん…これは一つ、己の殻を突き破らせるような何かが必要になってくるのかなぁ…」
(その何かとはなんだろう…そしてそれを彼らは見つけられるのだろうか…それとも自分がその何かを与えるべきなのだろうか…では、もし与えるとすればそれは何?…経験?…いや違う…そういうものは後からいくらでもついてくる…なにより経験といったら自分もそんなに多いほうではない…となると各自のインスピレーションを刺激するような…)
天井を見上げながら、終わりの見えない思案にふけるまりやであったが、
「あっもうこんな時間。貴子に呼ばれてたんだっけ」
机の上の書類やラフ画などもそのままに、足早に部屋を出て行った。

****

続きはこちら

« MFCの野望・瑞穂風雲録 | トップページ | MFCの野望・瑞穂天翔記 »

MFCの野望シリーズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MFCの野望・瑞穂覇王伝:

« MFCの野望・瑞穂風雲録 | トップページ | MFCの野望・瑞穂天翔記 »